5分で読めるビジネス書の要約を、毎週「金曜夜」お届け!

週刊ブックレター

Webスキル・集客技術

YouTubeやZoomを普段の仕事に活用:『「作る」と「使う」の2つで変わる 動画で稼ぐ仕事術』【第28号】

投稿日:

こんにちは、週刊ブックレター編集部です。

2020年は、5Gの一般化、リモートワークの普及などが相まって、
動画コミュニケーションの重要性が劇的に増してきました。
テレビ芸能人がこぞってYouTubeに参戦したのも記憶に新しいです。

そんな中、「YouTubeをやってみたい」という方も多いのではないでしょうか。
数万人規模のYouTubeチャンネルやインターネット有名人が
どんどん新しく生まれる中、「動画のビジネス活用に乗り遅れたくない」と
漠然と考えてらっしゃる方もいるかもしれません。

本書はビジネスパーソン向けの動画の活用法指南書です。
「作ると使うの2つで変わる」と、意味が釈然としないキャッチコピーがありますが、
これは本書内で以下のように解説されています。

動画で稼ぐ方法には次の2つがあります。

・動画をつくって稼ぐ
動画を作成、配信することで、来店、商品の購入、受注など収益アップにつなげる。
・動画を使って稼ぐ
Zoom(ズーム)やSkype(スカイプ)など、動画をリアルタイムに配信する
Webコミュニケーションツールを利用して、仕事の時短、効率化、生産性の向上につなげる。(p.3~5)

さて、本文では「動画」を用いたメディアの活用法について、
幅広く解説がなされています。

動画というとYouTubeがまず思い浮かびますが、
競合が増えてしまっている昨今、以下のような代替案もあります。

・Instagramタイムライン
・IGTV
・LINE公式アカウント
・Vimeo

また急速に普及してきたZoomを使って、
以下のようなビジネス活用案が提示されています。

・セミナー
・コンサルティング
・家庭教師
・スクール
・塾
・採用活動
・打ち合わせ
・オンライン飲み会
・医療介護 (p.202~214)

新型コロナウイルスの流行を経て、「対面営業ができなくなった」と
嘆く声もありますが、本書を読むと
「必ずしも悪いことばかりではないのかもしれない」と思わされます。

なぜなら「動画」による営業はレバレッジが効くからです。
例えば自分の営業トークを動画に撮影し、アップロードしたならば、
時間と空間を超えて、24時間勝手に営業をしてくれます。
こうした営業方法をうまく活用できれば、
時間不足や人手不足を解消し、劇的に生産性を上げることができます。

動画活用というと「集客」のイメージがありますが、
マネジメントや人脈作り、オンライン教室運営など、
多面的な動画活用方法が掲載され、読者にさまざまなアイデアを与える本です。

記事フッター

通勤時間」を丸ごと「学習時間」に変える!
スキマ時間に”耳”で読書できるaudibleは
多忙なビジネスパーソンにおすすめです。
現在、タダで1冊もらえるみたいです。

-Webスキル・集客技術

Copyright© 週刊ブックレター , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.