5分で読めるビジネス書の要約を、毎週「金曜夜」お届け!

週刊ブックレター

事業アイデア 副業

せどり・転売を「卸売業」に!『Amazon国内メーカー直取引完全ガイド』【第11号】

投稿日:

こんにちは、週刊ブックレター編集部です。

今回は「せどり」や「転売」のイメージがあるAmazon物販で、
無許可ではなくメーカーと直接やりとりし、卸値で仕入れ、差額をいただくという、
「1次卸型」の物販を提案している本をご紹介します。

物販に手を出したことがある方ならご存じのとおり、
これだけ副業が身近になり、誰でも気軽にネット出品ができるようになった昨今、
Amazon・楽天・Yahoo!などを使った販売は、常に価格競争にさらされ続けます。

5,000円で仕入れたフィギュアを、7,000円で出品したところ、
数日後、相乗りで6,500円のセラーライバルが現れたことに気が付きます。
対抗して、6,400円(最安価)に再度価格を調整したところ、
今度は6,000円の出品者がいることを発見します。
このように参入者が多く、ライバル同士で簡単に販売価格をチェックできるため、
競争はどんどん激化してしまう宿命なのです。

このような市場と経済の原理にのっとって、仕入値(5,000円)の限界価格付近まで落ちていく…
という熾烈な戦いが続いているのが、せどりや転売の現状です。

「商品を抱き合わせる」「おまけをつける」といった方法で、
価格競争を回避する方法も流行っていますが、これもまた一時的なしのぎにしかなりません。

激しい競争に伴って必要になるのは、本書で言うところの「リサーチ地獄」(p.3)。
常に利益の出る商品を探して、家電サイトをチェックしたり、入荷情報を通知させたり、
といった非常に地道で長時間にわたる作業がつきものになります。

そういった問題から脱却すべく、本書が提案しているのが「メーカー直取引」という方法です。
要するにメーカー企業の担当者と直接交渉して信頼関係を築き、
卸値で仕入れられる「販売パートナー」になるということです。

本書は、直取引には8つのメリットがあると語っています。

メリット①:最安価で仕入れることができる

メリット②:リピート性が高く、長期的に商品の仕入れが可能

メリット③:直取引ならではの抜群の品質と信頼性

メリット④:Amazonアカウント閉鎖のリスクが低い

メリット⑤:販売価格が崩れにくい

メリット⑥:メーカーと信頼関係を築いて利益率アップ

メリット⑦:Amazonでの独占販売権を獲得することも可能

メリット⑧:OEMで自社商品を販売していくこともできる

①、⑤、⑥のように「仕入れが安い」ということは、
物販において何よりも強い武器になるでしょう。
⑦のようにメーカーと「独占販売」の契約を取り付けられれば、
もはやライバルは存在せず、確実な利益を上げ続けられることが確定します。

また、守りの意味でも②、③、④のような魅力があります。
②安定した仕入れ先が確保できるので、転売のように仕入れが不安定になりません。
③品質も保証されており、不良による返品対応が発生する可能性を下げられます。
④万が一、真贋調査やアカウントの停止があったとしても
メーカー直請求書を提出できるため、Amazonに優遇されます。

あるいは、⑧のように自分がメーカーになるなど、
ビジネスに拡張性があるというところもポイントです。
OEMとはそのメーカーさんに、自社、
つまりあなたの会社ブランドの商品を製造してもらうことです。

ところで、AmazonにはFBA(Fullfillment By Amazon)という仕組みがあり、
Amazonの倉庫に納品すれば、顧客対応や商品個々の発送・梱包作業を
Amazonスタッフが代行してくれるというサービスがあります。

これまで返品対応や顧客のメール対応など、
労働集約的な働き方を余儀なくされた物販ですが、
FBAがあることによって、作業の手離れが良くなりました。

本書ではFBA納品の仕方についても、管理画面の使い方や利益計算方法、
梱包や発送の仕方などをていねいに解説しています。

内容の紹介は以上となりますが、この書籍の良いところは徹底的な具体性です。
物販実務で発生する作業の解説動画や、たくさんの資料がDLできます。

・リサーチ表
・会社概要書のオリジナルテンプレート
・オリジナル管理帳簿
・儲かるメーカーリスト300

など、1,600円で手に入る書籍としては、十分すぎる特典です。

ただし、「個人でもできる」と書いてありますが、
副業というより本業としての卸売と言うべきかもしれません。
名刺や会社メールアドレス、固定電話、FAX、企業HPなどは、
腰を据えない限り、なかなか気軽に作れるものではありません。

ただ、本気で物販を始めようという覚悟がある方には、
骨太で有益な良書であることは間違いありません。

記事フッター

通勤時間」を丸ごと「学習時間」に変える!
スキマ時間に”耳”で読書できるaudibleは
多忙なビジネスパーソンにおすすめです。
現在、タダで1冊もらえるみたいです。

-事業アイデア, 副業

Copyright© 週刊ブックレター , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.